自分で行うのは大変

説明

一人で手続きできますか

個人再生の流れは裁判所に申立てを行うところからスタートします。所定の書式の申立書を作成し、返済できなくなったことや借金の減額を受けることで生活を建て直したい旨をつづった陳述書、誰にいくら借りているかをまとめた債権者一覧表、持っている財産を示す財産目録などの書類を作成し、戸籍謄本や住民票などの必要書類を添付して申立てを行います。個人で行うこともできますが、書類の作成も専門的な知識が必要で手間や時間もかかるため、専門家である弁護士に依頼するのがベストです。申立てを受けると裁判所が個人再生の手続きを始めるか決定する流れになっていますが、もし自分で申立てを行うと最初の審査の段階で理由不十分や書類の不備などにより手続きがスタートできない虞もありますので、弁護士に代理を依頼すると安心です。手続きの開始が決まると債権や財産の調査が行われ、債権額の確定と財産目録通りになっているか報告書が作成されます。ここまでに問題がなければ、再生計画案を作成して提出する流れとなります。弁護士に依頼していない場合には裁判所で個人再生委員という公正で中立的な第三者を選び、調査を行わせたリ、再生計画案への意見勧告などが実施されます。再生計画案は債権者に公開されて議決または意見聴取が実施されます。その後、裁判官が再生計画を認めるかを決定し、認可されれば再生計画通りに減額された借金の分割返済をスタートさせる流れとなります。再生計画が無事に認可されるためにも、個人再生の手続きは弁護士に依頼するとスムーズです。

Copyright© 2018 個人再生手続きの流れ【弁護士に頼むのが効率が良い】 All Rights Reserved.