ひとりで抱え込まないで

相談

助けられるひとがいる

個人再生をするにあたって、流れがよくわからない人が大半です。個人再生の手続きには4か月から半年ほど時間がかかります。個人再生の具体的な流れは、まず、弁護士または司法書士に相談し、個人再生が可能かどうか判断してもらいます。借入先に対する通知の発送後、各書類を準備し、裁判所に申し立てをします。その後、裁判官による生活状況などの聴取や個人再生事務所との打ち合わせなどを経て正式な再生手続き開始となります。この流れだけで、時間がかかると怖気づいてしまう人も多いかもしれませんが、何もしなければ、もっと辛く苦しい時間が待っています。借入先に対する発送には、取り立て停止のお願いもあり、最初の段階で今までの苦しみが少し軽くなることは間違いありません。正式な再生手続きが開始された後の流れは、債務額を決定し再生計画案を作成します。月にどれくらい返済すればいいのかが記載されています。この書面にも決議や意見聴取があり、認められれば、再生計画に沿って支払い開始します。重要なことはどの弁護士に依頼するかということです。債務整理の案件を数多く担当しており、かつ個人再生の実績がある弁護士がベストです。相談に行き、話しやすいかどうかもポイントです。個人再生の流れでもわかるように弁護士と同行または、書類作成にあたり、何度も面会しなければいけません。再生計画にを作成するにあたっても信頼関係がなければ、よりよい計画案にはなりません。司法書士でも個人再生の手続きができる場合もありますが、裁判所での代理人にはなれないというデメリットもあります。仕事が忙しい人は、費用は少し高くはなりますが、弁護士に依頼するとスムーズな場合もあります。

Copyright© 2018 個人再生手続きの流れ【弁護士に頼むのが効率が良い】 All Rights Reserved.