男の人と女の人

おおまかなスケジュール

個人再生は、申し立てから再生案認可の流れまで約半年程度かかります。また、申し立てをするのに必要な書類もたくさんあります。書類は、弁護士相談前に準備するのではなく、相談をしてから申し立てまで1ヶ月程あるのでその期間に準備しても大丈夫です。

詳しく見る

相談

ひとりで抱え込まないで

個人再生が完了するまで、半年ほど時間がかかる場合もあります。弁護士や司法書士に依頼し、手続き開始までの流れでも大変と感じてしまう人も多くいるでしょう。しかし、相談することで、苦しみが減ることは間違いありません。依頼は、個人再生の実績のある弁護士にお願いしましょう。

詳しく見る

メンズ

弁護士に相談する

個人再生の簡単な流れは、弁護士に相談し、手続きをするといったものとなっています。問題は相談料などの費用です。多くの弁護士事務所では分割払いを可能としているので、無理なく支払えるような計画を立てておきましょう。

詳しく見る

婦人

専門家に頼んでスムーズに

個人再生の流れは申立てから開始決定、財産調査や収入調査をはじめ、再生計画案を作成して債権者の意見や決議を経たうえで、裁判官が認可してくれるかどうかが重要な鍵を握ります。自分で行うのは難しいので借金問題に強い弁護士に依頼するのがおすすめです。

詳しく見る

説明

自分で行うのは大変

個人再生の流れ申立てにはじまり、債権や財産の調査や再生計画案の作成と提出、債権者の決議や意見聴取をへて再生計画が認可されるかが決まります。期間内に手続きできないと途中で終了させられるため、弁護士に手続きをお願いするのがベストです。

詳しく見る

弁護士に依頼した場合

貯金箱

スケジュールについて

弁護士に個人再生の手続きを頼むと、大まかな流れは以下の通りです。弁護士に個人再生を依頼し正式に着任すると、債権者へ受任通知を発送します。これにより督促が止まりますので、借金催促の精神的なストレスから解放されます。そして、個人再生を裁判所へ申し立てます。弁護士に依頼をしていますので書類は作成してもらえます。次に個人再生委員が選出されますが、弁護士に依頼している場合不要な裁判所と裁判所によっては選出されるところもあります。再生委員が選出されたら申し立て手続きが開始され、債権者は裁判所に債権の届け出を行います。届け出があった債権額に基づいて再生案を作成、再生案が認可されれば再生案通りに返済が開始されるという流れになります。ここまでの手続きの流れですが、申し立てから再生案認可決定までの間は約4〜6ヶ月程度がかかるのが目安です。ここまでの流れを弁護士に頼らず債務者本人だけでやろうとおもったら、複雑な手続きですし書類にミスがあったり漏れがあれば、その都度時間がかかってしまいます。そのため手続きをスムーズにすすめるためにも弁護士に頼むのが効率が良いです。またこの期間は、督促はストップし返済も再生案が認可されすまで不要ですので、精神的にも金銭的にも余裕ができます。だからといって何もしなくていいわけではなく、再生案の返済開始日から返済スタートするわけですから、返済ができるように準備しておかなければならないので、生活に余裕ができたからといって散財しないことです。

Copyright© 2018 個人再生手続きの流れ【弁護士に頼むのが効率が良い】 All Rights Reserved.